2017年03月14日

久しぶりに写真貼ります!

なんだかずいぶんと、自分の演奏写真を貼ってなかったので貼ります!!

2014年4月20日、Maple Leafという喫茶店(すでに閉店)で
(多分初めて)ライブをさせていただいた時の写真です。

mr1.jpg

この写真は、北海道を中心に活動してらっしゃるプロの写真家さん、
U先生が撮って下さった写真です。

うぅ~ん、渋い!!


Fugaもとまち声楽教室
posted by Eri Andou at 03:20| Comment(0) | 写真集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

またちょこっと改造

Fugaもとまち声楽教室のWebサイト、およびブログをちょっといじりました。

前々から、ちょこちょこと、聞かれていたこと、気になっていたこと、

……そうです、レッスンを受講する際のマナーについて!!

私の教室は、『生まれて初めて歌を習う』方が多いので、
参考までにブログの過去記事にして書き出しておきました。

挨拶とか、挨拶とか、挨拶とか、当たり前のことばっかりなんですけど。笑
ただ、レッスン代の渡し方は結構重要かと…。

他にも質問があれば、随時更新して行こうと思いますので、
お気軽にお問い合わせ下さい♫


Fugaもとまち声楽教室
posted by Eri Andou at 03:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

Webサイト、一部改変しました。

最後に更新してからずいぶん経っていたので、
少し改変して、パワーアップ(?)しました。

2015年9月1日、FM NORTH WAVEの番組に出演した時に、
『声楽とはなんぞや?』という話をしたのですが、

……まぁ、それもずいぶん前の話ですし…。

というわけで、改めて、『声楽』とは何か、
どういう教室なのかを詳しく書いたほうがいいかな、と。

ちょこちょこっと直したり(ブログのリンク269gになっていた…)、
書き足したりしました!

よかったら見て下さい!!


Fugaもとまち声楽教室
posted by Eri Andou at 05:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

こちらに書きます。

いまだ爆発中のワタクシですが、
KOBUDAIブログのほうに書くと、メンバーに迷惑をかけてしまうので、
こちらで爆発継続しようと思います。
なんのことだかわからない人は読まないで下さい…笑

>狂乱のアリア
>戦争・失恋  軍人オルランドの狂乱
>ERI.A(メゾ)の熱唱だったけど
>ドレス姿なので男の狂乱というイメージに入りにくかった
>ボレロを一枚羽織るだけでも
>帽子をかぶるだけでも
>あるいは100均の小道具(短剣など)一つでも

そんなにドレスで歌ったらダメなんですか?
あのドレスは、1人では脱ぎ着が出来ない。
背中にチャックがあって、さらにそのうえに編みこみのリボンがあって、
それを締め上げてサイズを調整していく。
演奏曲目の流れだってあるし、曲に合わせていちいち衣装なんて替えていられない。
車があるわけでも、トラックで運搬してくれるわけでもなく、
重いドレスとパニエと靴を持って地下鉄で移動する。
何着も持っていくなんてとても無理。
だいたい、オペラの曲をオペラの一幕として歌うわけではなく、
(男性の役を女性が演じることはオペラではある。これは本当に)
あくまで『写真』で表現するのが今回のコラボコンサート。
ボレロ着ようが、帽子被ろうが、『ドレス姿なので男の狂乱というイメージに入りにくかった』ってなるんじゃないの?
まして、100均のおもちゃを振り回して、学芸会みたいなことなんてしたくない。


>前のKOBUDAIコンサートで共演したヴァイオリニストが
>被り物(小道具)ひとつで雰囲気を変えてた

特に私たちのように女性は、髪の毛をセットする。
髪型が崩れないように、当日の私服だって、ボタンで前開き出来る(Yシャツみたいな服)が基本。
男性のように、単純に脱いで着て、なんか被る、とはいかないんだよ。


>スポットライトの前になっちゃった「モエちゃん」と後方のリーダー
>拍手を受けるときは光の中で受けてね

この写真は、どうみたって『手前』と『後ろ』で2人が並んでいる。
横一列に2人が並んでいるわけじゃない。
光と影の差が出来るのは当然。


>いつもの立ち位置と変わっちゃっても
>コンサートス前にテージと観客席に立って立ち位置を確認しあった方が良いと想うよ

とっくにやっとるわ!


>情感のあるいい表情が撮れたと想ってるんだけどな

こういう写真が『情感のある写真』だと思います!!
211.jpg


今回はプロジェクターで写真を映しながらのコンサート。
ピアノの位置や向きはいつもと違うし、
ピアノの蓋(天板という)を全開にすると、
天板が反射した光がどうしても写真に被ってしまう。
だから、会場のスタッフさんと一緒に、
ピアノが端に行き過ぎない、反射した光が写真に被っても差し支えのないギリギリの位置を決めた。
照明も、明るすぎると写真がぼやけてしまうから、
写真がはっきり見え、なおかつ出演者もちゃんと見えるように
位置や明るさをこまかく調整した。
(ピアノだけの演奏と、歌やオーボエがいる時で、つけるライトも明るさも変えてるんだよ)

ただ、プロジェクターで映した写真が微妙に歪んでいたのと、
譜面台の出し入れがスムーズじゃなかったのは反省…。
あと、写真の切り替えをもう少し工夫できればよかったかな。
(↑これは結構みなさんから指摘された)


写真をブログやFacebook、Twitterなどに載せて頂くのは嬉しい。
感想をいただけるのも嬉しい。

だけど、コンサートを1つ作ることって本当に難しいし大変なんだよ。
泣いたり怒ったり笑ったり落ち込んだり…みんな苦労している。
特に今回は、まったく新しいスタイルでのコンサート。
来て下さったお客様みなさまにもそうだけど、
コラボして下さった写真家さんに失礼があってはいけない。

コンサートやライブは『なまもの』だから、
間違ったりもするし、失敗だってある。
上手くいかない演奏のほうが多いくらい、人前で演奏するのは難しい。

きっとそれはわかってくれているんだとは思う。

個人の感想は個人の感想、批評したいならすればいい。
でも、私たちがどんな思いでコンサートを企画したか、
どんな思いで準備をし練習をし、打ち合わせを重ねてきたのか、
当日どんな思いで演奏していたのか、
身内なんだからもっとわかって欲しい。

211-1.jpg
私のお父上が撮ってくれた『糸』の時の演奏写真。
『糸』は演奏中、山田さんが撮って下さったメンバーのポートレート写真をスライドショー。

ポートレート写真の『私』と、演奏中の『私』を撮るの、
お父ちゃん緊張したんだろうな…。


Fugaもとまち声楽教室
posted by Eri Andou at 03:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

コールガール!!

っていうとだいぶ意味が違うけど。

バイト先が今日から3連休なので、
留守電メッセージを吹き込む役を任されました!!

原稿を書き(30秒くらいの内容)、
『3連休なので23日から通常営業ですよ~』的なことを録音…

3回撮り直した…!
だって『木曜日から』がなぜか言えず…笑

4度目の正直、さすが元コールセンター勤務のワタクシ、
素 晴 ら し い(←)留守電メッセージになりました。(ホントかよ)

こんなこともやっている声楽の先生です。笑


Fugaもとまち声楽教室
posted by Eri Andou at 07:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする