2010年01月01日

レッスンを受講する際のマナーについて

(よく生徒さんから聞かれるので)
音楽のレッスン(声楽でもピアノでも、どんな楽器でも)を受講する際の
最低限のマナーを書こうと思います。

①挨拶は当然のこととして
教室に入室する際は『失礼します』『お邪魔します』など…当たり前ですね。
玄関や出入り口で靴を揃えることもお忘れなく。
レッスンを始める前は『よろしくお願いします』、
レッスン終了時は『ありがとうございました』、
これらは生徒さんから言うようにしましょう。

②指導された内容はメモするクセをつけましょう
講師から指導されたことは、楽譜やノートなどに書き込むクセをつけましょう。
書き込みがあれば、次からそこを注意して演奏出来ますし、
指導された内容を忘れてしまうこともありません。
毎回注意される内容がわかれば、自分のクセに気づけますし、
上達方法の1つだと私は思っています。
(私の楽譜は書き込みだらけですよ!笑)
※講師によっては『書き込みはするな』と指導する方もいるようです。
 どうしたらいいか悩む時は、講師に直接相談してみましょう。


③レッスン代の渡し方
振込みや引落でレッスン代を支払っている場合は別ですが、
レッスン毎にレッスン代をお支払いする際は、
封筒(茶封筒など)に包んでお渡ししましょう。
お財布からそのまま裸でお渡しするのは失礼とされています。

④その他、Q&A
Q.(特に初回レッスンの際に)お菓子などを渡して挨拶したほうがいいのでしょうか?
A.講師や教室によって異なります。
 超有名な先生のレッスンは手ぶらだと失礼な場合もありますが、
 今はアレルギーが多種あるので、逆に迷惑に思われることもあります。
 ちなみに、Fugaもとまち声楽教室の場合は、手土産は不要です。

Q.レッスンを受けに行く時の服装はどうしたらいいですか?
A.私服でOKですが、ジャージやスラックスなどは避けたほうがいいかと思います。
 あと、特に夏は、裸足で教室に入室するのは避けたほうがいいです。
 レッスン時だけでも靴下(スニーカーソックスでもOK)を履きましょう。

Q.講師が出演するコンサートなどは聴きに行ったほうがいいのでしょうか?
A.こちらも講師によって異なりますが、講師から『こういうコンサートに出演する』と
 チラシなどをもらった場合は、聴きに行くのがベストだと思います。
 (学校や仕事などで予定が合わなければ、その旨伝えれば特に失礼ではないと思います)


せっかくレッスンを受講するのであれば、講師も生徒も気持ちよくレッスンしたいものです。
まぁ…挨拶や当たり前のマナーが出来れば特に問題はないでしょう!笑


Fugaもとまち声楽教室
posted by Eri Andou at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 真面目な話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック