2018年11月07日

パワースポット

3日(土)は祖父の納骨でした。
先に旅立った祖母(気が強い)と、また一緒になれたね。

祖父母のお墓は市営の墓所なんですが、
墓石の大きさなどの規格が統一されていて、
私の腰より少し高いお墓が広大(大げさ)に並んでいます。

ただ、墓石に刻む文字は自由で、
『○○家』とか『南無阿弥陀仏』とかもあれば、
『ありがとう』とか『いつか会う日まで』とか、個性があります。
文字の他にイラストや装飾的な柄も入れることが出来ます。

祖父母のお墓も、結構個性的です…笑

『墓地』って聞くと、何だか『怖い場所』とか『悲しい気持ち』とかあるかも知れませんが、
私は祖父母の墓地はパワースポットだと思っています。

祖父母はもちろん、たくさんの人の魂が眠っています。

F1のイラストやペットのシルエットが刻まれた墓石もある。
ふくろうの小さな石造が置かれているお墓もある。
家族の思いもちゃんとそこにあります。

だから、怖くなんてありません。

お墓で眠っている人たちの魂のパワーや、
家族や親戚の愛情や思いやりがたくさん詰まっている場所だと思います。

手を合わせている瞬間、無心になれる。

私は無心論者なのに、不思議ですね…笑

でも、自分だけにしか感じられないパワースポットって、なんかいいよね。

亡くなったことは今でも悲しい。
本当は信じたくないけど、現実は変えられない。

だけど、会いに行けば、パワーをもらえる。

そんな風に思える自分はきっと幸せなのかな…。

(ちょっと真面目なブログですみません…笑)


Fugaもとまち声楽教室
posted by Eri Andou at 03:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください